旅するミタブン

文芸誌『三田文學』の歴史、ゆかりのある作家を巡る小さな旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世田谷文学館へ 「戦後70年と作家たちⅡ」

世田谷文学館 l

11月末、世田谷文学館へ行ってまいりました。

世田谷文学館 a.

現在開催中のコレクション展「戦後70年と作家たちⅡ」を拝見しました。
以前の展示では戦前から戦中を、今回は戦後から復興までの過程を取り上げています。

世田谷文学館 b

入り口に掲げてあるのは坂口安吾と三島由紀夫の言葉

坂口安吾は堕落論からの「生きよ堕ちよ、……」の一節です。
そして三島由紀夫の言葉は、終戦直後に自身が、雑誌「人間」の編集長である木村徳三に宛てた手紙から抜粋されたものでした。
「僕は文学の永遠を信じてゐます。それがあまりにも脆く美しく永遠に滅びつつある故です。僕は文学の絶えざる崩壊作用の美しさを信ずるのです。作者の身が粉々になる献身の永遠を信ずるのです」

世田谷文学館 c

展示の冒頭部分では、作家たちが戦争を振り返った作品が並びます。
海野十三の「海野十三敗戦日記」、横光利一の「夜の靴」。
海野十三は科学者として自分の研究が戦争に使われてしまったのではないかと嘆き、一時はペンネームを変えました。その後は戦争が二度と起こらないようにと願いながら創作活動を再開します。
横光利一は戦争協力をしたと批判され、書くことを止めてしまったままこの世を去りました。


戦後もすぐに言論の自由が認められた訳ではありません。今度はGHQによる検閲が行われたのです。
例えば、雑誌「人間」創刊号の表紙。
世田谷文学館 e

二人の裸婦が手を後ろに組んで歩いて行く様が「捕虜に見える」という理由でGHQから規制を受けました。

それでも戦争中に自由な言葉を失っていた反動からか、数多くの雑誌が新創刊されます。

世田谷文学館 f


最後を締めくくるのは、展示に登場した人びと、それぞれの昭和20年。
作家たちが戦争で多くを失い、翻弄されながらも、それでも未来を見据えていたことが伝わりました。

戦争を知らない私たちの世代だからこそ、見ておかなくてはいけない展示かもしれません。



帰りには、文学館から歩いて5分ほどの距離にある蘆花公園を散歩してきました。

世田谷文学館 k


世田谷文学館 j

明治から大正にかけて活躍した作家・徳富蘆花の旧宅が公開されています。

寒くなってまいりましたが、暖かい格好をして休日の昼下がりに散歩にでかけてみてはいかがでしょうか。


世田谷文学館コレクション展 「戦後70年と作家たちⅡ」

展示期間2016年4月3日(日)まで

◆ 世田谷文学館への行き方 (リンクを貼ってあります。クリックして下さい)
京王線「芦花公園(ろかこうえん)」駅より徒歩5分



reported by kurosuke
スポンサーサイト
  1. 2016/01/25(月) 10:35:16|
  2. 文学館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練馬区立石神井公園ふるさと文化館 分室へ  檀一雄を中心とした文化サロン

7月末、練馬区立石神井公園ふるさと文化館 分室へ行ってきました。

20150730 石神井公園文化館 k

夏の強い日射しの中、石神井公園の緑が目に入るだけで体感温度が下がりました。
少年サッカーチームが芝生の上で弁当を食べ、テニスコートからはボールを打つ音が聞こえてきます。
夏休み。

公園の中に、ふるさと文化館の分室があります。

石神井公園は江戸時代からの行楽地でした。
三宝寺池の湧水で涼をとっていたのでしょう。
その後大正時代には東京市内から鉄道がひかれ、池の畔に料亭「豊島館」(後の石神井ホテル)も建設されました。

20150730 石神井公園文化館 l

その後も都心から近く自然の多いこの場所に魅せられた人々が集まってきました。
作家・檀一雄もそのひとりです。

檀は山梨県に生まれ、少年期を福岡県で過し、東京帝国大学に入学時に上京します。
結婚後の昭和17年から石神井周辺に住むようになりました。

20150730 石神井公園文化館 a

檀の周囲には、彼の人柄に魅せられた文化人がいつも集まっていました。
井伏鱒二、太宰治、坂口安吾、尾崎一雄、中原中也、草野心平、そして佐藤春夫。
三田文学関係者もいますね。

中でも、太宰治とは
「『君は―(中略)天才ですよ。たくさん書いて欲しいな』」(檀一雄『小説 太宰治』)
「檀君の仕事の卓抜は、極めて明瞭である。(中略)前人未到の修羅道である(太宰治『檀君の近業について』)
と互いを認め合いながらも、
「溺れる者同士がつかみ合うふうに、お互いの悪徳を助長」(檀一雄『青春放浪』)
するという密接な時間を過しました。

また、檀は佐藤春夫を慕っており、佐藤も檀の才能を早くから評価します。
檀が第一短編集『花筐』(はながたみ)を上梓するまえに、太宰を連れて佐藤の家を訪れました。
『花筐』の表紙を佐藤に描いてもらうようにお願いするためです。
佐藤は気軽に承諾したあとに、「『何を描くかな、えー花筐と……』」と悩みはじめます。
太宰も一緒になって考えた末、「『花だから蝶。先生、蝶はどうかしらん……』」と提案すると、佐藤も殊の外喜んで「一決」しました。
「だから『花筐』の表紙の蝶は先生の寛大な彩色によると同時に、太宰の発想が添えられているものだった」(檀一雄『小説 太宰治』)

20150730 石神井公園文化館 b

また『小説 太宰治』の表紙の絵は太宰の描いた花に彩られ、佐藤春夫の題字が添えられています。

20150730 石神井公園文化館 f

『花筐』の出版記念会の予告日に動員令を受けた檀は、陸軍報道班員として従軍しました。そして終戦後に再び上京し、石神井に居を構えます。
この土地は壇にとって、亡妻律子、そして太宰たちと過した青春の思い出が色濃く残っていたのでしょう。
1974年に福岡県能古島へ転居するまで、檀は石神井を中心に活動し、彼を慕う仲間が集っていたのです。

坂口安吾は妻と愛犬を連れて檀宅の一室を借り、2か月近く逗留しましたし、他にも、眞鍋呉夫、前田純敬、五味康祐、庄野潤三などの作家が石神井周辺に居住していました。

20150730 石神井公園文化館 g
(五味康祐のオーディオセット 練馬区立石神井公園文化館 分室内に展示)

ひとりの作家を中心に、石神井には文化サロンが形成されていたのです。
檀自身の魅力、面倒見の良さ。そして自然が多く明るい雰囲気の土地。
1951年に檀は直木賞を受賞。1953年に五味が芥川賞(選考委員に坂口安吾)、1955年には庄野も芥川賞を受賞しました。


地域という視点から作家の交友関係をひも解いていくことで見えてくる文学史があるということを、まのあたりにできた1日でした。
その土地に根差した研究を熱心に続ける方たちの大切さをしみじみと嚙みしめながら石神井公園内を散歩していると、ひときわ大きなトンボが木陰で昼寝をしていました。

20150730 石神井公園文化館 j.

ヤブヤンマです。
夕方になると高所で捕食をし、日中はその名のとおり藪の中で静かに息をひそめているため、普段は人目につかないトンボなのだと、大きな日よけ帽子を被ったご婦人が教えてくださいました。

本当に幸運な1日だったようです。

暑さも少しだけ和らいでまいりました。
石神井公園文化館分室を見学した後に、池のほとりで幸運のトンボを探してみてはいかがでしょうか。

企画展『志と仲間たちと――文士たちの石神井、美術家たちの練馬――』
9月27日まで開催しております。



〈参考文献〉  図録「志と仲間たちと―文士たちの石神井、美術家たちの練馬―」
         図録「檀一雄展」




◆ 練馬区立石神井公園ふるさと文化館(リンクを貼ってあります。クリックして下さい)
(注) 文化館と分室は徒歩で10分弱離れております。
西武池袋線 石神井公園駅 / 西口から徒歩15分
西武新宿線 上石神井駅 / 北口から徒歩30分
西武バス 荻 15 「石神井郵便局」バス停より徒歩1分
西武バス 吉 60 「石神井郵便局」バス停より徒歩1分


reported by kurosuke
  1. 2015/08/24(月) 11:50:05|
  2. 文学館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樋口一葉 台東区立一葉記念館へ

今年の五月は暑かったですね。
エルニーニョ現象という言葉をよく聞きます。意味は中学生のころに習ったはずなのですが……。
さて、台東区立 一葉記念館へ行ってまいりました。

一葉記念館 6

館は、樋口一葉が貧しい生活を送りながら「たけくらべ」の構想を得た下谷龍泉寺町の旧宅跡から程近くにあります。
土地柄なのでしょうか、静かで落ち着いた雰囲気のある街です。


まずは3階の企画展、檜細工師・三浦宏さんによるミニチュア模型作品、「一葉の世界」が広がっていました。

一葉が幼少期を過ごし、後に懐かしんだ「桜木の宿」
一葉記念館 1

「大つごもり」で主人公・お峰が奉公に出ていた山村家
一葉記念館 2

「にごりえ」の舞台になった銘酒屋・菊の井。
一葉記念館 7


江戸から明治の歴史、文化にまで精通している三浦さんの作品に加え、小説のあらすじも紹介されているので、更に臨場感が増していきます。

特に圧巻だったのは、下谷龍泉寺町時代の一葉旧居。
一葉記念館 3.

一葉が営む商店の品物まで細かく再現されており、店の奥の居住部分まで入って行きたくなる。
身体さえ小さくなれば、模型内で暮らすことができてしまう程の細密さでした。
一葉記念館 4


2階は常設展です。
一葉の生涯を見ることができます。
一葉記念館 5

「一葉」という筆名が初めて使われたのは、明治24年に村上浪六の『三日月』序文の写しとその感想を書いた資料ですが、
日記に「水の上」という表題をつけるようになった頃から、自分の筆名を特に意識した処世観をもつようになったといいます。

自分を流れに乗る舟と考えて、文壇や世間からの称賛を冷静に受け止めていました。

自分が女性であるがゆえの一時の狂騒に過ぎず、熱が冷めれば見返る者さえいなくなる。
そこまで達観したうえで、浮世の波に乗った自分は引き返すことはできないと覚悟をしているのです。

「われは女成けるものを、何事のおもひありとて、そはなすべき事かは」

日記に書かれたこの一節は、一葉の嘆きなのか決意なのか。
一葉記念館でゆっくりと考えてみるのはいかがでしょうか?

一葉記念館 8



台東区立一葉記念館(リンクを貼っていますので、クリックして下さい)

・交通 ・地下鉄:日比谷線三ノ輪駅             徒歩10分
     ・都バス(都08):日暮里駅⇔錦糸町駅「竜泉」下車 徒歩 3分
     ・北めぐりん:「一葉記念館入口」下車       徒歩 2分
     ・つくばエクスプレス:浅草駅            徒歩15分


reported by kurosuke
  1. 2015/07/13(月) 14:47:56|
  2. 文学館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西脇順三郎  小千谷市立図書館へ

5月31日、新潟市で三田文学のイベント たまゆら がありました。
せっかくなので、新潟駅に行く前に途中下車。
小千谷市立図書館を訪ねてみました。
こちらには、西脇順三郎記念室があると聞きました。
そう、西脇順三郎は小千谷出身なんですね。

小千谷図書館1

記念室のある3階に上がるとすぐに絵画の展示があります。
西脇順三郎の描いた絵です。
西脇は、若い頃、画家を目指していましたが、父の急死で断念しました。
絵の勉強は、美の追究の一歩だったのかもしれません。

小千谷図書館2

マージョリさんの絵もあります。
西脇とは明らかに異なる色使いに筆致。強烈に惹きつけられます。

小千谷図書館3

西脇順三郎文庫には、たくさんの本!

小千谷図書館4

これ、実は、西脇が所蔵していた本なんです。
彼の読書の軌跡がうかがえます。
そして、ご注目ください。

小千谷図書館5

古い洋書はそのまま本棚に並べておくと、どうしても紙が劣化します。
そこで、紙の劣化を遅らせるために中性紙で作ったケースに入れ、背表紙にはコピーを付けているのです。
本一冊一冊に合わせ、ケースを特別にあつらえたのだそうです。
本を大切に思う気持ちは、西脇を大切に思う気持ち。図書館の方々の心に、感激しました。

こちらの棚には主に、西脇に関連する本が揃っています。
西脇を特集した「三田文学」もありました!

小千谷図書館6

棚の上に並ぶ、西脇の写真が、これらの本を温かく見守っているように思えました。

西脇の愛用品や書も多く展示してあります。

小千谷図書館7

西脇順三郎の研究をしている方ならば、垂涎の書籍の数々でしょう。
そして、小千谷の皆さんが西脇を愛する気持ちが伝わってくる場所です。
何度もノーベル文学賞にノミネートされたほどの大詩人は、かけがえのない郷土の誇りにちがいありません。
西脇の来し方を知ることにより、その先へ続く道を歩もうとする次の世代が、いつの日か現れることでしょう。
そんな美と知の泉に、皆さんもぜひ足をお運びくださいませ。

小千谷市立図書館(リンクを貼っていますので、クリックして下さい)
〒947-0031 新潟県小千谷市土川1丁目3番7号
(JR上越線小千谷駅下車・徒歩25分)



  1. 2015/07/06(月) 11:50:24|
  2. 文学館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文京区立 森鷗外記念館  ~谷根千を散歩

春の暖かさを疑うことなく過せるようになってきた今日この頃。
今回の「旅するミタブン」は
文京区立 森鷗外記念館 へやって参りました。

鷗外記念館入り口

鷗外の旧居・観潮楼跡に建てられたもので、千駄木駅を出て団子坂を少しのぼると瀟洒な建物が見えてきます。

明治の文豪で陸軍軍医総監でもあった鷗外は、実は「三田文学」とも縁が深いのです。

1910(明治43)年1月、慶應義塾の幹事だった石田新太郎が「名のある文士を迎え、大学で文芸雑誌を出したい」と相談したのが、恩師である森鷗外でした。
そして、鷗外は永井荷風を推挙したのです。
荷風は「三田文学」を創刊し、鷗外は多くの小説や翻訳作品を寄稿しました。

鷗外記念館 1

地下1階の展示スペース入り口では、鷗外の胸像が出迎えてくれます。
武石弘三郎作の大理石で創られた像は、東京大空襲の際も被害をまぬがれました。鷗外記念本郷図書館が出来るまでの間、観潮楼跡は児童公園でした。
鷗外の胸像は近所の子供たちにも大変馴染み深いものだったそうです。

展示室では鷗外の一生を辿ることが出来ます。
実年齢より3歳多く偽って11歳で現・東京大学医学部予科に入学した逸話に驚かされました。
講義ノートの文字の丁寧で美しく、デッサンは繊細で人並み外れた器用さがうかがえます。

鷗外記念館 2

鷗外は小説だけでなく、演劇や美術にも大変造詣が深い人物でした。
奈良・正倉院の美術品は、以前は非公開でした。
しかし、曝涼(虫干し)をするために倉から出す必要があります。その機に有識者が拝観できるように提唱したのが鷗外でした。
鷗外のおかげで、我々は貴重な美術品を見ることができるようになったのかもしれません。
また、鷗外自身が絵付けした楽焼も展示されています。星空の下にいるミミズクが描かれていて、ロマンチックなタッチの絵でした。

鷗外記念館 3 三人冗語の石
(三人冗語の石)

2階にある休憩室から街が見渡せます。
現在はビルが立ち、埋め立てられた海は遠くなりましたが、当時は品川沖まで視界が開けていたかと思うと、感慨深いものがあります。



鷗外記念館を出て、散歩を始めます。
観潮楼の正門を出て、藪下通りを下っていきます。
桜が満開でした。

藪下通り
(藪下通り)

途中、日本大学医学部病院の脇にある階段をのぼると、そこには夏目漱石の旧居跡があります。漱石の前には鷗外も住んでいたそうです。

散歩 漱石旧居

藪下通りに戻り、すぐ先には根津神社があります。
鷗外の散歩コースです。

根津神社 門

根津神社 狛犬

散歩 根津神社 池

神社の裏には鷗外作「青年」にも出て来るS坂があります。
名前の通り、S字に曲りながら上っていきます。

散歩 S坂
(S坂)


根津神社を後にし、不忍通りを上野方面に向かいます。
根津一丁目の交差点を左へ曲がり、言問通りへ。
玉林寺の山門にある桜も満開で、花見客の一団が静かに桜を楽しんでいました。
私も山門脇にある移動式の珈琲屋さんでアイスコーヒーを買い、桜の下で一服しました。

散歩 玉林寺

玉林寺の山門から、言問通りを谷中へと上っていきます。
少し裏に入ると露地が多く、散歩にはうってつけの場所です。

散歩 路地

散歩 猫.

そうして辿りついた谷中霊園の桜は、見事なものでした。
墓地と桜はどうしてこんなにも相性がいいのでしょうか。
家族連れに囲まれながら、しばらく見惚れていました。

さて、今回の散歩で強く心に残ったのは鷗外の三男である森類のことでした。
私は、鷗外記念館の新収蔵品展パート2:「森類の生涯―ボンチコから作家へ」で初めて類のことを知りました。
森類は明治44年、鷗外の三男として生れました。長原孝太郎、藤島武二に師事して絵画を学び、次姉の杏奴とともにパリに遊学。
昭和26年に現在の記念館の場所に千朶書房を開店しました。鷗外の家族をテーマとした随筆や小説を執筆しました。
この経歴だけ見れば、恵まれた人生だったであろうと感じます。
ですが、実際の類は父・鷗外を敬愛しながらも自らを「不肖の子」と称して鷗外の威光に苦しめられます。
学業成績も父と比べられてしまうこと自体が不運なのです。
書いた小説を大家に送りますが、返信の葉書を見る限り期待しているような返事はもらえなかったようです。
類にとって悲運だったのは、父・鷗外を亡くしたのが、まだ自身が11歳の頃。思春期のまえで、反抗期も迎えていなかったのではないでしょうか。
だからこそ、偉大な父を執拗に意識せざるをえなかったのではないでしょうか。
端正な顔立ちですが、どことなく悲しそうな目をしている類の横顔が印象的です。
父と同じように、丁寧で綺麗な文字で原稿を書いていた類。
佐藤春夫に「子供たちのなかで文が鷗外に一番似ている」と言われながら大成することはなく、それでも書くことをやめなかった類。

父から「ボンチコ」(「ぼっちゃん」の意、鷗外の造語)と呼ばれ、手を引かれて散歩に行き、きっとあの満開の桜をふたりで見上げたのでしょう。


散歩 谷中霊園桜

※ 現在、文京区立 森鷗外記念館では新収蔵品展を4月19日(日)まで開催しています。
  4月24日(金)からは 特別展 谷根千「寄り道」文学散歩 が始まります。
  展示をご覧になってから、情緒溢れる谷根千(谷中・根津・千駄木)をゆるゆると歩いてみるのはいかがでしょうか。

文京区立森鷗外記念館への行き方 (リンクを貼っていますので、クリックして下さい)

reported by kurosuke
  1. 2015/04/08(水) 14:57:34|
  2. 文学館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

旅するミタブン

Author:旅するミタブン
『三田文學』は明治43年に創刊の文芸誌です。
現在は季刊で年4回、1月、4月、7月、10月に発売されています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
文学館 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。