旅するミタブン

文芸誌『三田文學』の歴史、ゆかりのある作家を巡る小さな旅の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世田谷文学館へ 「戦後70年と作家たちⅡ」

世田谷文学館 l

11月末、世田谷文学館へ行ってまいりました。

世田谷文学館 a.

現在開催中のコレクション展「戦後70年と作家たちⅡ」を拝見しました。
以前の展示では戦前から戦中を、今回は戦後から復興までの過程を取り上げています。

世田谷文学館 b

入り口に掲げてあるのは坂口安吾と三島由紀夫の言葉

坂口安吾は堕落論からの「生きよ堕ちよ、……」の一節です。
そして三島由紀夫の言葉は、終戦直後に自身が、雑誌「人間」の編集長である木村徳三に宛てた手紙から抜粋されたものでした。
「僕は文学の永遠を信じてゐます。それがあまりにも脆く美しく永遠に滅びつつある故です。僕は文学の絶えざる崩壊作用の美しさを信ずるのです。作者の身が粉々になる献身の永遠を信ずるのです」

世田谷文学館 c

展示の冒頭部分では、作家たちが戦争を振り返った作品が並びます。
海野十三の「海野十三敗戦日記」、横光利一の「夜の靴」。
海野十三は科学者として自分の研究が戦争に使われてしまったのではないかと嘆き、一時はペンネームを変えました。その後は戦争が二度と起こらないようにと願いながら創作活動を再開します。
横光利一は戦争協力をしたと批判され、書くことを止めてしまったままこの世を去りました。


戦後もすぐに言論の自由が認められた訳ではありません。今度はGHQによる検閲が行われたのです。
例えば、雑誌「人間」創刊号の表紙。
世田谷文学館 e

二人の裸婦が手を後ろに組んで歩いて行く様が「捕虜に見える」という理由でGHQから規制を受けました。

それでも戦争中に自由な言葉を失っていた反動からか、数多くの雑誌が新創刊されます。

世田谷文学館 f


最後を締めくくるのは、展示に登場した人びと、それぞれの昭和20年。
作家たちが戦争で多くを失い、翻弄されながらも、それでも未来を見据えていたことが伝わりました。

戦争を知らない私たちの世代だからこそ、見ておかなくてはいけない展示かもしれません。



帰りには、文学館から歩いて5分ほどの距離にある蘆花公園を散歩してきました。

世田谷文学館 k


世田谷文学館 j

明治から大正にかけて活躍した作家・徳富蘆花の旧宅が公開されています。

寒くなってまいりましたが、暖かい格好をして休日の昼下がりに散歩にでかけてみてはいかがでしょうか。


世田谷文学館コレクション展 「戦後70年と作家たちⅡ」

展示期間2016年4月3日(日)まで

◆ 世田谷文学館への行き方 (リンクを貼ってあります。クリックして下さい)
京王線「芦花公園(ろかこうえん)」駅より徒歩5分



reported by kurosuke
スポンサーサイト
  1. 2016/01/25(月) 10:35:16|
  2. 文学館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

旅するミタブン

Author:旅するミタブン
『三田文學』は明治43年に創刊の文芸誌です。
現在は季刊で年4回、1月、4月、7月、10月に発売されています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
文学館 (12)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。